フィンペシアとロゲインの併用効果

フィンペシアとロゲインは、それぞれAGAに対して効果のある治療薬です。フィンペシアは、服用タイプのプロペシアと同等の有効成分が配合されているジェネリック医薬品です。
フィンペシアには、AGAの原因であるDHTを抑える効果がありますが、積極的に発毛を促す効果は、あまり期待できません。しかし、薄毛の進行を予防する効果があります。

ロゲインは、薄毛が気になる場所に塗布するタイプの外用タイプになります。育毛成分であるミノキシジルが主成分となっているため、育毛促進の医療効果が認められています。髪の薄い部分にスプレーやスポイトを使い直接塗り、患部全体に手で伸ばしながらすり込んでいきます。

どちらか片方だけでは効果に限界を感じることがあります。また、服用し続けることで、現状維持はできてもさらなる効果を期待できないことがあります。しかし、体の内側と外側からの2種類の治療薬の併用効果として、より高い発毛効果を期待できます。

AGA治療薬は、一般的に6ヶ月程度は使用し続ける必要があります。2種類を併用して使い続けても、フィンペシアは、ジェネリック医薬品になるため、プロペシアを服用し続ける場合に比べると費用を抑えることができます。

育毛剤を使用する際には注意事項がいくつかあります。そのうちの一つは様々な育毛剤を併用することです。併用することが悪いとは言いませんがその成分や作用は異なる場合が多くそうなると併用時におこる副作用のリスクも高くなるということです。例えばフィンペシアとロゲインを併用する場合です。

この二つを併用して使用することで育毛の相乗効果があるとされています。フィンペシアは脱毛の原因である男性ホルモンの活性化を抑制する為の薬で内服薬です。一方でロゲインはミノキシジルという血管拡張成分を配合した塗るタイプの育毛剤です。フィンペシアは比較的福作用の少ない薬とされていますが肝機能障害を起こす場合があります。

一方ロゲインに含まれているミノキシジルは頭部以外の育毛を促進させてしまったり血圧低下やそれにともなう心臓への負担が増大するなど多くの副作用が報告されています。そもそもこの二つを併用し効果があるのは男性だけです。もちろんすべての人に副作用が出るわけではありませんが使用する場合にはその副作用もしっかり把握して使用することが大切です。

育毛剤を使う人にとって早く確実に効果を実感したいものですがその後副作用に悩まされることは避けたいものです。ですから、薬を併用する場合には医師の指導を仰ぎ、正しい使用方法にて使用することが大切です。