フィンペシアとプロペシアのコスト比較

プロペシアの通販サイト発見
▲通販で購入すれば安く済みます

誰もが薄毛を発症すると精神的な苦痛を感じるものです。特に若い人の抜け毛や薄毛は外面的に大きな影響を及ぼすことから、鏡の中の自分の姿を見つめるたびに自信喪失に繋がったり、あるいは異性に対して積極的になれなかったり、仕事の面でも差し障りが出てくることも少なくありません。
プロペシアこうした症状を植毛やカツラなどを使ってカモフラージュする人もいるでしょう。一方、これらの原因を明らかにして、根本的な改善への道を模索する人も多いもの。とりわけ薄毛の原因の多くを占めると言われる男性型脱毛症という病気にかかると、飲み薬が大変よく効くと言われています。通常だとクリニックで処方されるプロペシアを用いるのが一般的ですが、しかしこれだと薬代が高くなってしまうというデメリットがあります。そこでよく使われるのがフィンペシアです。
フィンペシアはインドの製薬会社が開発したAGA治療薬ですが、現時点では厚生労働省の認可を受けてはおらず、クリニックで処方されることはありません。それでもなお利用している人の多くは通販サイトを使って購入あるいは個人輸入を行っています。ただしこの場合はもちろん全ての行為が自己責任になりますので、あらかじめきちんとした知識を得た上でて手続きを進めなければなりません。
フィンペシアはプロペシアと同じくAGA治療に効果的なフィナステリドという成分を配合しており、男性ホルモンの中の5αリダクターゼの働きを抑えて、頭髪に影響を与えるDHTが分泌されるの抑える効果を持っています。注目すべきはその費用の手頃さで、正式にはプロペシアのジェネリック医薬品という位置づけではないものの、実際にはジェネリック医薬品に近いくらいの安価な費用にて手に入れることができるのも嬉しいところと言えるでしょう。

AGA治療薬は、一般的に6ヶ月程度は使用し続ける必要があります。2種類を併用して使い続けても、フィンペシアは、ジェネリック医薬品になるため、プロペシアを服用し続ける場合に比べると費用を抑えることができます。