プロペシアのジェネリックであるフィンペシアの特徴

フィンペシアについて説明する男性フィンペシアとは男性型脱毛症の治療薬として利用されているプロペシアのジェネリック医薬品です。有効性や安全性が実証されている新薬と同等でありながら低価格で購入することができる薬です。新薬が開発されその特許期間が過ぎてしまうと他のメーカーも同様の薬を製造することができるのです。
プロペシアもフィンペシアも特徴は同じです。フィナステリドという成分を含み、男性型脱毛症の治療をおこないます。男性型脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。男性ホルモンが代謝されてつくられるジヒドロテストステロンが原因です。これが増えすぎると髪の毛の成長を止めてしまい、生えてきた毛はすぐに抜けてしまいます。こうして薄毛になってしまうのです。
でも男性ホルモンそのものは脱毛の原因にはなっていません。それどころか男性にとって必要なものです。脱毛を解消するにはジヒドロテストステロンがつくられなければいいのです。ではジヒドロテストステロンの生成を抑制するためにはどうすればいいのでしょうか。その生成には酵素がはたらいています。それが5αリダクターゼという酵素なのですが、この働きを阻害することで脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことができるのです。
ただいいことばかりではありません。やはりフィンペシアには副作用があります。精子の数が減少し勃起不全や性欲の減退などがおきることがあります。でもそんなに高い確率ではおきません。だから過剰な心配は必要ないのですが妊娠中の女性には大きな副作用がでることがあります。もっとも女性が男性型脱毛症になることはないので使用することはないと思いますが、家族が薬を使用しているときは不用意にさわらせないようにするなど注意が必要です。

フィンペシアには初期脱毛はあるか検証

初期脱毛があるか検証する男性AGA治療薬として知られている医薬品には、フィンペシアというものがあります。フィンペシアを服用していると、初期脱毛という育毛剤を飲んでいることによって毛が抜けてしまうという現象が一部の人にあります。何も知識がない人の場合であれば、育毛剤を飲んでしまったことで、自分の体質と合わないと判断してしまったり、何らかの副作用が生じてしまったと勘違いして服用をやめてしまう人もいるかもしれません。
フィンペシアを服用する前に、初期脱毛について理解をしておくと、服用を始めてから万が一毛が抜けてしまった場合であっても対応ができます。初期脱毛というものは、フィンペシアを服用したからといって、すべての人に現れるという報告はありません。割合としては、数十人のうちで1人程度の割合で発生すると言われています。
服用を始めてから凡そ1か月ほど経過すると、一時的な作用として毛が抜けてしまう症状が発症しますので、その現象のことを初期脱毛という呼ばれ方をしています。抜け毛を発症してしまったことで、治療薬の服用を止めてしまっては育毛効果が得られないことになります。毛には成長期や退行期、休止期というサイクルがあって、AGAの症状が現れているときには、発毛してから十分に成長が行われない間に毛が抜けてしまうことによって、そのうち毛が生えてこなくなるという状態になります。
フィンペシアの効果によってヘアサイクルが正常な状態にすることができますので、乱れていたヘアサイクルによって生えていた毛が一旦抜けおちることで、乱れたヘアサイクルがリセットされて、その後に適正なヘアサイクルに基づいて毛が生えてくることになるわけです。

フィンペシアが効かない人は別の育毛剤を試す

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性はたくさんいます。以前は育毛剤を使っても効果がなく、何をやっても髪が増えないし抜け毛がどんどん増えるといった状態に悩むばかりだったという方が多かったのですが、今は画期的な薬が存在します。それがフィナステリドという成分の配合されたプロペシアという薬です。そしてプロペシアと同等の効果でより安価に手に入るジェネリック薬がフィンペシアなのですね。主成分であるフィナステリドには抜け毛・薄毛の原因ともなっているジヒドロテストステロンという男性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。
ジヒドロテストステロンの分泌過多になると、頭髪は薄く体毛は濃い状態になる傾向にありますので、フィンペシア服用でこれの分泌を抑えることで、髪の生えるサイクルを正常に整えるのです。しかし、フィンペシアを服用してみても全然効かないというタイプの人もいるようです。大体プロペシアやフィンペシアは服用を始めて半年以内に何らかの効果を実感できるはずですから、半年経って何も効果がないということは、もしかしたら原因がジヒドロテストステロンにはないのかもしれませんね。
ちなみにジヒドロテストステロンの分泌過多が原因の薄毛をAGAと呼びますが、プロペシアもフィンペシアもAGAの治療薬ですから、AGAでない薄毛には当然効果がありません。 その他の原因としては、頭皮の栄養不足や毛穴の詰まりなどが考えられます。この場合は、スカルプシャンプーやノキシジルという頭皮の血管を拡張するタイプの育毛剤が効果を発揮する可能性が高いでしょう。スカルプシャンプー、ミノキシジル、フィンペシアは併用しても問題ないので、原因がはっきりしない場合は全て併用してみるのもいいかもしれません。

おすすめ記事

  • プロペシア

    フィンペシアとプロペシアのコスト比較

    プロペシアの通販サイト発見 ▲通販で購入すれば安く済みます 誰もが薄毛を発症すると精神的な苦痛を感じるものです。特に若い人の抜け毛や薄毛は外面的に大きな影響を及ぼすことから、鏡の中の自分の姿を見つめるたびに自信喪失に繋がったり、あるいは異性に対して積極的になれなかったり、仕事の面でも差し障りが出てくることも少なくありません。 こうした症状を植毛やカツラなどを使ってカ...続きを読む

  • フィンペシアとロゲインの併用効果

    フィンペシアとロゲインは、それぞれAGAに対して効果のある治療薬です。フィンペシアは、服用タイプのプロペシアと同等の有効成分が配合されているジェネリック医薬品です。 フィンペシアには、AGAの原因であるDHTを抑える効果がありますが、積極的に発毛を促す効果は、あまり期待できません。しかし、薄毛の進行を予防する効果があります。 ロゲインは、薄毛が気になる場所に塗布するタイプの外...続きを読む

  • 代表的な薄毛治療薬を探す

    現代では、ある種の薬を使って薄毛治療を行うことができるようになりました。 例えば、プロペシアはとても有名なAGA治療薬ですし、その後発医薬品であるところのフィンペシアもその効果がよく知られています。 こうした薬を使った薄毛治療は、患者にとってはただ飲むだけでいいので、とても手軽で簡単というメリットがあります。 しかしその一方で、代償となるデメリットについても見ておかなけれ...続きを読む